報告書01 2003年02月13日発表


2択問題〜人生で最高に難しい問題〜


世の中で難しい2択といえば・・・



変に広い道、狭い道にも起こってしまう究極の問題である。




そう・・・



真正面から人が来たときに、
右によけるか、左によける

・・・これである・・・。


これは、状況を一瞬で把握する判断力
機敏な動きを可能にする瞬発力
それを行動にうつす決断力!!


この3つの力を、相手とは違うタイミング
発揮しなければならないのである・・・


なぜかこの右に行くか、左に行くのかという問題は
相手と同じタイミングで動いてしまうことが
非常に多い。

相手が接近してきたことにへんにドキドキし・・・
絶対相手と同じ方向に動いてはいけない・・・


周りに人がいて、この2択問題を失敗するところを
みられるのがはずかしい・・・


大人として冷静な振る舞いを
見せなければならない・・


あせっている感じを見られたくない。

という、プレッシャーが一気にやってくるのである。



今日も午前中は、この2択問題に3度も挑戦することになってしまった・・・


私のチャレンジした問題は次の問題です

みなさんにも挑戦していただきたい。









では・・・


第1問:午前8時40分ごろ、会社最寄駅に下車し会社への道をあなたは道の右端から約1.5メートルのところを
     4Km/秒で歩いています。そこへ、前から30歳前半の既婚者(想像だが)サラリーマンが約4Km/秒で
     まっすぐあなたの方に向かって歩いてきます。あなたは右・左どちらに動きますか?


     ただし、あなたの右には1.5メートルの空間しか空いていません。このとき、道全体の幅は5メートル以上
     あるものとする。


では、右・左を想像してください。




・・・




・・・




・・・



・・・




正解は、左!!
サラリーマンは狭い空間である、あなたの右側に移動したのである!!しかも、絶妙のタイミングで!!



ここで、右を選択したあなたは不正解である。
あなたは、タイプで言うと・・・

「好きなところに座って・・・」
なんてことをコンパで言われると、ついつい端の方に
真っ先に座ってしまい
いまいちコンパでみんなの記憶に残っていないことが多い
タイプである。


自己紹介でも最初か最後・・・
最初の場合、みんなは自分の自己紹介に向けての
イメージトレーニング中であるため、
あなたの話なんて聞いちゃいない・・・

話どころか、あなたの名前も覚えていない(笑)


そして最後の場合、自己紹介もみんな終わって、
ひと安心中、さらに今日のターゲットを絞り中であるため、
あなたの自己紹介は所詮BGM程度の扱い!!



どうですか・・・結構あたってたりするでしょ(笑)




逆に正解した方。

あなたは、自己主張が強いタイプである。
わかりやすく解説すると・・・

相手に道の広い方を選択させず、俺がより安全な方に行くんだ!!という強い意志をもっているのである。


そんなあなたは、ファミレスに友人たちと一緒に行ったときも、
『すいませーん』とウエイトレスを呼び
『ご注文は?』と聞かれた瞬間、
間隔をあけずに自分の注文を言えてしまう・・・

そんなすごい人である。



ここで、さきほどの2択を間違ってしまった人なら、
変に1・2秒誰かが注文を言うのかな?言わないのかな?
俺が言って良いのかな?どうしよう?という

心理的にボロボロの状態に追い込まれ・・・

結局、友達と同時に注文をしてしまい・・・

友達同士恥ずかしい・・・

ウエイトレスにみられて、さらに恥ずかしい・・・

という状況に陥ってしまうであろう。




どう?これも結構あたってるでしょ(笑)



ちなみに、私の答えだが・・・

俺は1.5メートルの空間しかない右側に移動してしまった・・・

そう・・・2択失敗である・・・



正解率50%の問題をはずしたのである。




しかし、俺と同じくこの日記を読んで2択の問題に失敗した方・・・

はずかしがることは無いのである!!


正解率50%・・・

ということは・・・


不正解率も50%なんです!!

そう!!正解率も高いが、
不正解率も驚くべき高さなのである!!



さらに、相手をよけるという2択は、確かにはずしたかもしれない・・・
だが!!



相手に合わせるという問題では大正解なのである!!

そう、大正解!!




そんなこんなで、私の長所はこれから・・・








協調性があるところです!!そう答えることにします(笑)


ご感想はまで。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO